必須アミノ酸タウリン

猫にとっての必須アミノ酸のなかで、特に重要なのはタウリンです。タウリンは、心臓の筋肉や眼の細胞に多く含まれているため、タウリンが欠乏すると、眼球内の網膜の異常(失明につながることもある)、拡張型心筋症(発病すると死に至る危険性もある)、繁殖や子猫の発育異常、免疫不全、などの原因になります。

猫の母乳100ml中にはタウリンが44.5㎎、ヒトの母乳には4.2㎎、犬の母乳には33.0㎎含まれているそうです。猫にとってタウリンがいかに重要かがよく理解できる数値といえます。

猫は、必須アミノ酸であるタウリンを体内で合成することができません。食物として摂取する必要があるのです。タウリンは肉類、魚介類などの動物性タンパク質に多く含まれています。肉食動物である猫は、必須アミノ酸であるタウリンを、獲物から摂取できるようになっているのです。

家で飼われている猫には、タウリンを多く含む猫専用ペットフードを与えてあげることが必要です。タウリンが猫にとって欠かすことのできない栄養素であるという事実が判明したのは実は最近のことで、30年前の飼い猫の平均寿命が6~8歳と短かったのも、このタウリン不足が原因の1つと考えられます。